卵巣がんの術後トリキュラーは再開しても良い?

トリキュラーは日本において最もポピュラーな避妊薬です。

初心者の飲み忘れ防ぐための薬効成分が7日間入ってない2日分のシートでできているトリキュラー28と、最初から薬効成分が配合されている常在の身でできているシートのトリキュラー21とがあり、どちらも日本において広く使用されています。

ピルは避妊効果が期待できるほか、卵巣がんの発生リスクを軽減する効果も期待できますが、日本においての卵巣がんの患者数は年々増えているのが現状です。

また、卵巣がんは一度手術を行っても再発しやすい病気であり、術後数年以内に再発する人は半数を占めています。
再発を指せないようにするためには、術後の再発予防の対策が必要だといえます。

そのため、医師からも指示があるかと思われますが卵巣がんの手術前にトリキュラーなどの低用量ピルを服用していた人は術後に再開することが望ましいといえます。

本来、女性が排卵する際には卵巣を破って卵子が飛び出すのですが、その際に卵巣の組織を傷つけたり破壊したりするのをそのたびに修復するというのを繰り返しています。

実は、その破壊と修復を何度も繰り返すことで卵巣が弱ってしまい卵巣がんが発生しやすくなることが考えられますので、予防のためには排卵を抑制することが大切となってくるのです。

トリキュラーを始めとするピルは、排卵を起こさせないようにする効果があるため結果的に卵巣を傷つけることなく休ませて卵巣がんの再発リスクを下げる効果があるのです。

ただ、自己判断で服用するのではなく医師の指示に従って正しい方法で服用するようにしましょう。
場合によっては副作用が起こることもありますので、あまりにも副作用がひどい場合には医師に相談するのも良いでしょう。

ページトップへ