若年層で無防備な性生活を送るならトリキュラー

近年、我が国においても、若年層で異性と性交渉を持つ人口が急増しており、望まない妊娠によって人工中絶手術を受けている女子が、とても多くなっているといわれています。人工中絶手術は、女性の心と身体に、想像以上の傷を負わせてしまうもので、出産を経験していない成長過程の身体には、大きな危険も伴ってしまうため、何としてでも回避しなければなりません。初潮を迎えていれば生理が安定していなくても、妊娠してしまう確率はあるので、子供を作る機能を備えている以上、性生活を営むのであれば、しっかりと避妊対策は取るようにしましょう。しかし、もっともポピュラーなコンドームは、男性側が装着する避妊具なので、装着方法が間違っていたり破損してしまっていれば、妊娠してしまう危険性もあります。女性が自身の身体をしっかりと守るためには、ピルを使った避妊がもっとも安心で、毎日飲み忘れることさえなければ、高い確率で妊娠を防ぐことが出来ます。中でもトリキュラーは、日本のクリニックでも、最も多く処方されている人気の高い低用量ピルで、三相性ピルと呼ばれるタイプで、女性が本来持つホルモンバランスに近くなるように、ホルモン量を調節しているピルなので、飲み始めの不正出血などの副作用も現れにくく、初心者にも扱いやすいピルだといわれています。ただしこのタイプは、飲む順番を間違えてしまうと効果がなくなってしまうというデメリットがあるので、慣れるまでは、しっかりと確認しながら服用するようにしましょう。三週間飲み続けて一週間お休みするタイプと、休みなく飲み続けていくタイプがありますが、少しでも薬の量を減らしたいのか、習慣付けたほうが忘れない性格なのか、によって選択しましょう。

ページトップへ